コラム

コラム

東京海上日動火災保険(株)が開発した、『超保険』という仕組みをご存知でしょうか?

保険を商品という観点から選択をするのではなくて、様々なリスクを回避するためにお客様自らが保険の設計者となるというコンセプトから成り立っています。

  • 自動車のリスク

  • お住まいと家財などのリスク

  • 携行品のリスク

  • 賠償責任のリスク

  • 思いもよらない出費リスク

  • ケガや病気のリスク

  • 死亡のリスク等

合計45場面を想定した「危険(リスク)に対する備え一覧」

シートを活用してお客様にリスク(危険)を点検し...

『May I Help You?』

『何か私達にお手伝いできることありませんか?』

保険は「いざ!」という時にお役に立てるものですが、もちろん、前もって加入していないと使えません。

考えられるリスクに対して、事前に手配しておくことが必要です。

東京海上日動に『超保険』という特殊な保険があります。

「超」⇒「聴」に通じるように、まずはお客様に、

『あなたにとって何が心配でしょうか?』とお聴きすることから始まります。

今後とも『お節介な保険屋さん』として購買指南役に徹していきます!

ARMは

  • 「お客様の立場になって考え」

  • 「押し売りでは...

東日本大震災、熊本地震発生時、被災地支援での救援活躍が、連日報じられていた自衛隊。

今回は防衛大学・第一回卒業式における吉田茂元首相の訓示をご紹介します。

『自衛隊が国民から歓迎される事態とは、攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が紺欄に直面している時だけなのだ。言葉に換えれば、君たちが日陰者である時の方が国民や日本は幸せなのだ。』

『日向であることは少ないかもしれない。それでも頑張ってほしい!』といったエールなのだと思います。

実は『保険』も同じかも…と思うのです。

保険金が支払われる事態というのは、本来ならば起こ...

先日、お客様に大変喜んでいただいたことがあります。

それは、実は保険のことではありません。

何かと申しますと、古くなってきたお車を買い替えたいとのご要望に、

「どこかいいディーラーは無いかな~?」とお問い合わせがありました。

そこで活用させていただいたのは、『おクルマ購入サポート制度』というもの。

東京海上日動には我々専業プロ代理店をサポートする部署とディーラーなどの兼業代理店を担当する部署があり、各地域のディーラーさんと密接に繋がっています。

その全国に拡がる幅広いネットワークを駆使して、安心して商談していただけるという制度です。

先述のお客様...

日本健康マスター検定というのをご存知でしょうか?

実は、その中で出てくるキーワードが『健康リテラシー』で、 一定レベルの健康知識・ノウハウに基づいて、健康や医療に関する正しい情報を見極め理解し、活用できる能力の事 であり、健康や病気についての知識を効果的に活用し、健康の維持や改善に役立たせるための能力です。

先ずは、「健康寿命」という考え方。介護を必要とせず、自立して日常生活を送れる期間であり、平均寿命との差 (男性で約9年・女性で約12年)が要介護などの状態と言えます。

最近、100歳以上の超高齢者が6万7千人を超えた という報道があり...

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索