「相続」が「争族」とならないために

円滑な資産分割は誰もが望むことです。

 

相続税がかからない場合でも、自宅が唯一の財産などといった場合、現金や上場株式に比べて、換金や分割が困難です。

 

この場合、相続人が複数のいれば「相続」が「争族」となってしまう可能性があります。

 

また、相続財産の大部分を不動産や自社株が占めている場合も換金が困難となります。

 

 

相続税は、相続発生後10ヶ月以内の現金納付が原則です。

もし納税資金が準備できないと、せっかく受け継いだ土地・建物を処分することにもなりません。

解決策の一つとして、生命保険ならば、自宅を相続しない方への代償分割対策が可能です。

 

 

保険金により納税資金を速やかに現金で準備することができます。

その上、相続財産が多くなるほど税率が高くなりますが、相続税の軽減対策をして活用することも可能です。

なぜなら、現金・預金はそのままの額が相続財産の評価額となりますが、生命保険は一時金で受け取る場合、非課税枠が活用できます。

 

大切な財産をなるべく減らすことなく、相続人に引き継ぐための対策を考えておく必要がありますので、生命保険の税務上の取扱を活用した対策が可能です!

 

 

生命保険を活用した相続対策として、今まで年配でかつ持病などで死亡保険に入れなかった方にも、告知を必要としないタイプもありますので、一度ご相談くださいね!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索