自転車事故に備えて!!

最近『子どもに自転車の保険に入らせたいのだけど…』という問い合わせが後を絶ちません。

特に『自転車事故の賠償9500万円!』などの高額な判決が出されてから急増しています。

 

当時小学5年生が帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路にて歩行中の女性と正面衝突。

女性は頭蓋骨骨折の重傷を負い、意識が戻らない状態という事故。

裁判官は、少年の前方不注意が事故の原因と認定。

『指導や注意が功奏せず、監督義務を果たしていない』として、母親に1億円近い賠償命令を命じています。

その内訳は

 

  1. 将来の介護費

  2. 事故で得ることのできなかった逸失利益

  3. 後遺症に対する慰謝料に

  4. 治療費などを加えたもの

 

たとえ、自転車でも過失があれば賠償するのは当然ですが、利用者の多くは保険に未加入で自己破産する例も少なくないと指摘もあります。

自転車だから大丈夫、事故を起こしたとしても大事にはならない、そんな軽はずみな気持ちが、死傷者を出す重大な事故につながります。

 

道路交通法上、自転車は車両の一種です。

法律違反をして事故を起こすと刑事上の責任が、また相手にケガを負わせた場合、民事上の損害賠償責任も発生します。

 

もちろん、示談交渉つきの賠償責任保険(できれば無制限)に加入することは今や常識ですが、『自転車は危険なんだ』と認識し、常にルールやマナーを守ることが一番大切です。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索