ご相談は無料ですので、お気軽に保険のプロに相談しませんか?

  • 大黒柱のもしも・・・

  • お子様の心配事

  • ご自宅の心配事

  • 病気やケガの心配事

などなど、ご家族の心配事はたくさんあります。
まずは、現在カバーできている心配事をチェックしましょう。
そして、お客様にとってどんな心配事が起こりやすく、どんな心配事が重大なのかをご一緒に考えさせてください!

東京海上日動火災保険株式会社代理店
東京海上日動あんしん生命保険株式会社代理店

月~金 9:00~17:00 土日祝日は休み
夜間休日事故受付:0120-119-110
大阪府河内長野市上田町16-1
​TEL:0721
-63-1144

Copyright (C) 株式会社ほけんのARM inc All Rights Reserved.

自分らしく人生をやり遂げるために

『医療コーディネーター』という仕事をご存知でしょうか?

 

お医者さんと患者さんの立場の違いから生じる治療法のなどに関する隙間を埋める役割で、安心して自分らしく生きるためのお手伝いをします。

 

相談に来られる方はそのほとんどが、健康保険による治療が終わってしまい、次にどうすればいいのか悩んでいるような状況だそうです。

 

「これ以上の治療はありません」と言われ、途方に暮れながらも、何か有効な治療法は無いかとワラをもすがる思いで来られるとの事。

 

 

 

特に進行ガンの治療は幅が広く、しかも自由診療が原則ですから、経済的に負担が可能かどうか大きなポイント。

 

ですから、相談に来られたら、まず生命保険の証券を見させて下さいと言うそうです。

たとえ死亡保険でも末期ガンで余命半年と診断された場合はリビングニーズという特約によって加入金額の内、最高三千万円まで使う事が出来るからです。

 

なんと年間33万人以上の方がガンで亡くなっている現状において、リビングニーズの利用者数は年間二千人足らず。

 

進行ガンで未治療なら余命半年はあり得る事であり、今死ぬわけにはいかない時に延命が期待出来る治療を受けたら、身辺整理をする事ができるかもしれません。

 

リビングニーズを使う事によって、生命保険は死んで遺族に残すためのものだけではなく、自分が人間らしく人生をやり遂げるための生きる手段となるのだと思います。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索