ご相談は無料ですので、お気軽に保険のプロに相談しませんか?

  • 大黒柱のもしも・・・

  • お子様の心配事

  • ご自宅の心配事

  • 病気やケガの心配事

などなど、ご家族の心配事はたくさんあります。
まずは、現在カバーできている心配事をチェックしましょう。
そして、お客様にとってどんな心配事が起こりやすく、どんな心配事が重大なのかをご一緒に考えさせてください!

東京海上日動火災保険株式会社代理店
東京海上日動あんしん生命保険株式会社代理店

月~金 9:00~17:00 土日祝日は休み
夜間休日事故受付:0120-119-110
大阪府河内長野市上田町16-1
​TEL:0721
-63-1144

Copyright (C) 株式会社ほけんのARM inc All Rights Reserved.

ご存知ですか?先進医療!

先進医療とは、文字通り最先端の医療技術を指します。

 

内視鏡を使用した手術のように既存の医療技術を改善し適応をしたものの他、再生医療やガン免疫療法など全く新しい原理や考え方に基づいて開発された治療技術が含まれます。

 

厚生労働省の先進医療制度は、これらの新しい医療技術を臨床の場で評価した後に、一般の保険診療へと導入する制度です。

 

国民皆保険制度では、保険承認外の治療は全額自己負担になりますが、先進医療と承認された医療技術については、一般的な医療と共通する診療・検査・投薬・入院料など基礎部分に健康保険が適用されます。

 

それ以外の先進医療に関わる技術料についてのみ、自費負担になります。

 

H21年1月5日時点で、先進医療は105種類あり、そのいずれかを取り扱う病院は932件です。

 

承認には高度な技術を持つ医療スタッフと質量とも十分な施設や設備が必要であり、専門家や関係審議会でこうした条件を満たしていると認められた病院に限られます。

 

その技術料は健康保険が使えないことから、例えば「固形ガンに対する重粒子線治療」は約314万円かかります。(施設や治療内容等によって異なります。)健康になるためなら誰もが「最高の治療で」と思うのに、それだけでは先進の医療を受けられません。

 

なぜなら先進医療の技術料は公的医療保険の対象外であり、全額を自己負担しなければならないから。

 

先進医療の高額費用を賄うのに、それに備えた民間保険が有効であるといえましょう。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索