「デジタル終活って何?」

「デジタル終活」という言葉を聞いたことがありますか?実は、デジタル遺品に対する死後の 取り扱いについて考える活動で、デジタル遺品とは、パソコンやスマホに存在するオフラインデ ータとブログやSNS等のインターネット上に存在するオンラインデータを指します。

 


突然ですが、あなたは、パソコンやスマホを残して死ねますか?答えは、恐らく「NO!」の 方が大半ではないでしょうか!その必要性は隠したいデータがあるから?

例えば、

①自分自身が 見られたらめちゃめちゃ恥ずかしいもの

②残された家族を不幸にするもの等々…。

(簡単なパス ワードロックなら、専門業者に依頼すれば安価で解除が可能なのだそうです。)

 

 

一方で、残さなければならないデータもあるでしょう!

①ビジネス関係の資料

②インターネッ ト金融機関

(FX取引していたご主人が交通事故で急死し、レバレッジでリスクの高い取引を止 められず、ご家族に多額の証拠金が要求されたという事例が)

③ブログやホームページ

(故人サ イトが乗っ取られ悪用される場合も)

特にSNSのフェイスブックなど実名表示はサービスを続 けている限り、データは残り続けますので要注意!対策としては超アナログですが、家族に引き 継ぎノートを作って生前に依頼することが重要です。
※フェイスブックには「万が一死亡した場合、どうなりますか?」 というQ&Aがあります。
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索